メールで読めるブログ購読

メールアドレスを記入してください。
更新ブログをメールで受信できます。

Toggle

ブログ

記事の目次を自動生成するWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」

Table of Contents Plusというプラグインは、導入すれば記事の目次を自動生成できるWordPressプラグインです。
投稿や固定ページの記事に記述したH1からH6までの見出しを基に目次を自動生成してくれます。

記事の目次が自動生成されるということは、あなたのページにユーザーが来た際、記事の内容を一目で把握しやすくなる上に、探しているコンテンツに直ぐにたどり着けるという効果があります。
つまり、SEO上でもあなたのサイトがユーザーにとって良質なサイトであるというランク付けにも影響して来ます。
また、手動で目次を作成して更新したり、アンカーリンクを張る手間も省けるので是非導入しておきましょう!

初めて使用する際には見出し用のHTMLタグを階層的に記述する必要があるので、WPプラグインの仕様に慣れるまでに少し戸惑うかもしれませんが、慣れれば非常に便利なので活用しましょう。

H1からH6までの見出し設定をきちんとしていないと、記事の目次は生成されません。
また、見出し用の設定を階層的に記述していないと、目次がとても見にくくなってしまうので、慣れないうちは「下書き保存」と「プレビュー」を使ってマメに確認しながら使うといいです。

おすすめポイント

  1. 記事の目次を自動生成できる。(H1からH6までの見出し用のHTMLタグを基に自動生成)
  2. 投稿、固定ページ、カスタム投稿タイプに対応。
  3. 目次の表示位置や表示内容を細かく設定できる。
  4. 人間用のサイトマップを自動生成する機能もある。

インストール方法

管理画面から検索してインストール。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、FTPツールを使ってアップロードして機能を有効化して下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加>「Table of Contents Plus」で検索>インストール>有効化
  2. WordPress.org からtable-of-contents-plusをダウンロード

管理画面の設定

管理画面の場所

導入すれば記事の目次を自動生成できるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」の管理画面は下記の場所にあります。

  • プラグイン>インストール済みプラグイン>Table of Contents Plus>設定
  • WordPress管理画面 > 設定 > TOC+
基本設定

目次を表示したい「場所・表示条件・投稿タイプ・デザイン」などを指定しましょう。
そして、実際に表示される目次の内容を確認しながら設定を調整しましょう。
画面下部にある「上級者向け」の設定項目は、初期状態では非表示になっていますがクリックすれば設定項目が表示されます。

まとめ

使っているテーマに目次機能が無く困っている人の救世主ですね!
Table of Contents Plusを利用すると、WordPressの記事の目次を簡単に自動生成でき、「リンクミス」や「見出しを変更した際に目次を更新し忘れる」等の人為的なミスが無くなり、結果的に記事を書く作業時間も捗ります。

このプラグインを利用するには、H1からH6までの見出し用のHTMLタグを階層的に記述しておく必要があります。
難しいと感じた際は是非、LINE@もしくはお問い合わせフォームよりご連絡くださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKONTA@Twitterをフォローしよう!

URL
TBURL

コメントを残す

Return Top